生活科での、学習展開の例はありますか?

例えば、このような単元が考えられます。

(1)大単元名

げんきにそだて たくさんそだて

(2)単元の目標

綿を大切に、継続的に育てることを通して、それらの変化や成長の様子に気付くとともに、それらに親しみをもち、適切に世話を続けることができる。

(3)小単元

Ⅰ わたの あかちゃんを たんじょうさせよう(5月末)

【目標】
綿が実ることへの願いをもって種をまき、これからの世話や成長の様子に関心をもつことができる。

【児童の活動】
・綿の成長について見通しを持つ。(写真や書籍などを見せて紹介をする)
・綿の種を観察し記録する。
・ビニールポットに土を入れ、種まきの準備をする。
・種をまく。

Ⅱ げんきにそだて わたの子ども(6月中)

【目標】
継続的に綿の世話をする中で、綿の様子を観察し、変化や成長の様子に気付くとともに、変化や成長に合わせて、適切に世話を続けることができる。

【児童の活動】
・水やりの当番などについて話し合う。
・観察し記録する。(双葉)
・観察し記録する。(移植前:本葉3〜5枚の時)
・移植の準備をする。(綿畑を耕す)
・移植をする。
・観察し記録する。(移植後、高さ30㎝程になった時)
・草取りをする。

Ⅲ もりもりそだて わたの木(7月・9月)

【目標】
つぼみや開花、結実など、自分たちが栽培してきた綿の変化や成長に気付き、その成長を喜ぶとともに、親しみや愛着をもち、大切にすることができる。

【児童の活動】
・施肥をする。
・支柱立てをする。
・摘心をする。
・観察し記録する。(葉・つぼみ・花・実・全体)
・これまでの成長について、振り返ったり、調べたり、クイズをつくったりする。

Ⅳ わたの実 できた(9月)

【目標】
はじけた綿の実を観察したり、綿つみをしたりして、自分たちが栽培してきた綿の変化や成長に気付き、その成長を喜ぶとともに、親しみや愛着をもち、大切にすることができる。

【児童の活動】
・観察し記録する。(はじけた綿の実)
・綿つみをする。

Ⅴ わたの木と おわかれしよう(12月)

【目標】
収穫し終えた綿の木を抜き取ったり、畑をならしたりして、綿の栽培を終える活動をし、これまので世話などについて振り返り、植物を育てることの喜びやたのしさ、苦労や難しさなどについて振り返る。

【児童の活動】
・綿の木を抜き取る。
・畑の草取りをする。(元の状態に戻す)
・綿の成長や気づきを物語や絵本、クイズなどで表現する。

Ⅵ ふわふわコットンで つくろう(1月)

【目標】
綿繰り(種と木綿を分ける活動)をして、植物が種から育って成長し、また同じたねをつけて生命をつないでいることに気付いたり、収穫した木綿を使った作品作りをしたりする。

【児童の活動】
・綿繰りを体験する。
・繰り綿を使って作品づくりをする。
・綿の種の数や、繰り綿の重さを調べる。(算数科との関連)
・糸車を体験する(国語科との関連)

Comments are closed.