植え替えはどのようにするとよいですか?

○植え替えについて

・綿は移植後、弱ります。
・根をむき出しにしてしまうと、栽培を失敗してしまうことがあります。

○植え替えの時期
・本葉2~4枚の頃がよいと思います。

○植え替えの場所
・花壇/畑での間隔は40㎝以上位がよいと思います。(高性わたの場合)
・プランター、植木鉢(20㎝四方)でも育ちます。

○植え替えの方法
・カップで発芽させた場合は、カップの土ごと移植してください。
・プランターで発芽させた場合は、土10㎝四方分と一緒に(根をむき出しにせず)移植してください。
・移植後、水をたっぷりあげるようにしています。

種はどのように蒔くとよいですか?

○種を蒔く前に
・種に付いた綿毛は、ある程度取り除いた方がよいです。発芽した際に綿毛が絡まって、種の殻が子葉から外れにくくなる場合があるからです。

・市販の種は、そのまま蒔いて大丈夫です。
(きれいに短毛まで取り除かれています)

・水に浸けてみて、浮かぶ種(市販の種)は発芽しないことがあります。

○蒔き方
・深く埋めると、土の中で腐ってしまうことがあります。
・深さ2cmぐらいの穴に種を埋めると良いと思います。

○植える場所 ※後に植え替えをする場合
【黒いポリカップ】または【プランター(約10㎝間隔)】に蒔くとよいと思います。

綿の種をまく時期はいつ頃ですか?

○5月末から6月中旬に蒔いた種がよく発芽しました。
(奈良県北西部の場合)

○地域によって異なると思いますが、最高気温が25度ぐらい・最低気温が15度ぐらい・平均気温が20度ぐらいの時期に蒔くとよいと思います。

の辺り。


奈良市 月別の平均気温&平均降水量&雨温図
(統計期間:1981~2010)
(奈良県奈良市半田開町 標高:104.4 m)

綿の種はどこで手に入りますか?

○【花の種を扱っているお店】【ホームセンターの園芸コーナー】に置いていることがあります。相談をすれば、取り寄せをしてくれるかもしれません。

○【ネットショップ】で購入することができます。

○【木綿づくりを推進している会】などに相談すると、無償で譲ってもらえることがあります。